独身の方が入ると損する保険

saleslady独身の方が入ると損する保険の典型は、定期保険特約付き終身保険(アカウント型を含む)です。
セールスレディーから入った人の、おそらく80%~90%は、このタイプの保険に入っていると言われています。

 

定期保険特約付き終身保険とはどんな保険!?

終身保険が主契約で、その上に期間限定の保険である「定期保険特約」が乗っかった保険です。

dame

何が問題!?

 終身保険が薄い

終身保険が主契約と聞けば、たとえば2000万円の保障のうち、1500万円くらいは終身保険が占めると思うのが普通だと思いますが、実際には、上図のように終身保険がわずか100万円しかないケースも多いくらいで、これで終身保険と呼べるのかと思う保険が多いのです。

 高額保障期間が短い

上図でいえば、2000万円の保障は45歳まで。それ以降は100万円しか保障がありません。
年をとればとるほど死亡率は高くなるのに、肝心な時にはわずかしか保障がないのは話になりません。

 保険料が激増

上図の場合、実は45歳時に、定期保険特約をもう15年延長することができるのですが、45歳という年齢で保険料が再計算されるため、保険料は跳ね上がります。(参考例)月15,000円⇒月28,000円

ではどうする!?

 これから保険に入ろうと考えている方は、まずセールスレディーから入らないことです。

何だかんだうまく言いくるめられて、彼女たちの販売手数料が高い定期特約付き終身保険やアカウント型に気が付いたら入っていたということになる可能性大です。(その意味では彼女たちのセールストークはスゴイです)

 今既に保険に加入している人は、自分はどんな保険に入っているのか、見直しましょう。

保険証券を見れば、必要な情報は全て記載されています。
ただ、現実問題として、保険証券の見方がわからないという方も多いでしょう。

そんな人たちの中で、今爆発的な人気になっているのが、こちら

ファイナンシャルプランナーの無料保険相談

ファイナンシャルプランナー(FP)とは家計の専門家で、保険・金融商品や不動産などについて、正しい購入判断ができるようアドバイスをしてくれる、「お金には弱い」という人の味方です。
  • 売り込まれないので安心して相談できる
  • こちらが理解・納得できるまで、丁寧に教えてくれる
  • 希望すれば、加入手続きやアフターフォローも無料でやってくれる
  • 複数の保険会社の保険を扱えるので、「いいとこどり」でこちらの条件に最も合った保険を組み合わせて作ってくれる

など、従来の保険加入や保険の見直しの常識を覆す画期的なサービスです。

結婚して子供が出来たらこちら⇒学資保険返戻率